2014年5月アーカイブ

暖かくなってきて、春らしい格好をして出かけたいと思う人が多くいます。服選びの時に、どうやって季節感を出せるのか困ってしまいます。今回は、ファッションに季節感を出すための豆知識を、紹介したいと思います。

春のファッションにおいて、大切なのは「軽さ」です。寒いので何枚も着込み、コートを羽織らないといけなかった冬の季節から、暖かい春に移り変わります。季節が変わったのに、同じ格好ではいけません。春の陽気な雰囲気合う、軽い服装を心がけます。

春らしい色は、ベージュ、オレンジ、黄色、ライトブルー、ライトグリーンなど、明るめの色です。軽く明るい季節に、最適です。

ファッションに季節感を出すには、素材選びは重要です。暖かい春には、通気性の良いオックスフォード生地のシャツを選ぶと良いです。綿の素材を中心に選び、一点季節感の強い素材を入れると、季節感のある、おしゃれな格好になります。

春の定番アイテムは、テーラードジャケットや、パーカー、カーディガンがおすすめです。どれも、生地が厚すぎないので、気候に合わせやすいです。

次は、夏のファッションについて、紹介します。夏のファッションで、大切なのは「涼しさ」です。見ている人が、涼しくなるような颯爽とした服装を選びます。

夏は、水を連想させるブルーや、清潔な印象を与える白の服がおすすめです。例えば、白のジーンズに、通気性の良い麻の素材の青いシャツに、挿し色として、オレンジのスカーフを巻くといいです。

靴は、夏らしいサンダルを選ぶと良いです。レザーの素材を使ったサンダルにすると、足下がぐっと、引き締まります。色は、どの服にも合いやすい黒や、茶色を選びます。

夏の定番アイテムのTシャツは、着回しがきくので、夏に必ず揃えておきたいアイテムです。

以上、春夏のファッションに季節感を出すための豆知識を紹介しました。服選びの際、今回紹介させていただいた情報を参考にしていただければ幸いです。

クオール・Quol

ファッションに、興味が出てきたけど、どんな服を着れば良いのか迷ってしまいます。今回は、メンズファッションの初心者の方に、服を上手に着こなすための豆知識を紹介したいと思います。

ファッションにおいて、サイズ選びはとても重要です。初心者の方は、少し大きいサイズを選ぶ傾向があります。ダボダボとした印象になる方は、いつもより、一つ小さいサイズを着てみるといいです。自分に一番合うサイズを知り、ぴったりと合う服を選びましょう。

トップスのサイズを選ぶ時、最も大切なのは、肩幅です。肩幅が大きすぎると、だらしない印象を与えてしまいます。自分の肩幅に合ったトップスを選びましょう。

表示されているサイズが合っていても、服によって、サイズは違います。試着できる場合は、一度、試着してみるのがおすすめです。友人や店員の方に、アドバイスを求めるのも、良いです。

メンズファッションにおいて、色選びは、大切です。色によって、相手に与える印象が大きく変わります。白と黒は、色味がないので、どんな色にもあわせることができます。また、流行にとらわれない定番カラーとして、ベージュやネイビーは、着こなしやすい色です。落ち着いた色なので、大人の印象を、相手に与えます。

どんな色にも合うベーシックカラーに、赤や黄色など、挿し色として、一つ色を加えると、ぐっとおしゃれに見えます。例えば、白のシャツに、黒のボトム、黒の靴に、挿し色として、色味のある赤などのアウターを選ぶと良いです。

メンズファッションには、着回しのきく、揃えておきたいアイテムがあります。一つは、グレーのパーカーです。どんな服でも合う、万能アイテムです。細身のものを選ぶと、シルエットが綺麗になります。無地のTシャツは、夏はTシャツ一枚、冬はインナーとして、1年中着ることができる定番アイテムです。柄のあるTシャツもいいですが、着回し考えると、無地がおすすめです。

上越市の人気美容室ミック直江津店

服選びの際、今回紹介させていただいた情報を参考にしていただければ幸いです。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31