2014年1月アーカイブ

日本人ならやっぱり味噌汁!

朝・昼・夜と時間を問わず飲みたくなる味噌汁。具のバリエーションが豊富で、白米と味噌汁だけで何杯も飲めてしまいそうです。

そんな味噌汁ですが、実はおいしいだけでなく、健康的な効果も高いことをご存知ですか?
味噌汁にはがんや高血圧、糖尿病やコレステロールの抑制など、さまざまな効果があるのです。また、味噌に含まれている大豆は痩身効果もあり、食事に一品追加するだけで、痩せるという『味噌汁ダイエット』もあるほど。

実は味噌汁は、おかずの中の食塩の量はそれほど高くはありません。1杯につき約1.4g。中華料理やラーメンなどのほうが、よほど塩分が高いと言えるでしょう。
また、味噌汁の具にすることで、水溶性の野菜であっても栄養を余すとこなく取り入れることができます。水で洗うだけで逃げてしまうキノコ等の成分も、そのまま入れて汁ごと飲めばOK。

カロリーも少なく、栄養素も高い味噌汁。
毎日飲んで、健康な身体を手に入れちゃいましょう!




女性の身体を健康に保ち魅力的にするために、
絶対欠かせないのが女性ホルモン。

特に胸を大きくしたいなら女性ホルモンを増やしましょう。

その女性ホルモンを作り出す方法はさまざまなものがあります。
けれど、食べ物から女性ホルモンを作り出す成分を取り入れるのが、
もっとも効率的だと言えるでしょう。

例えば、ざくろは「子宝の果実」とも言われるほど、
女性ホルモンを活性化してくれます。
ざくろを飲めばお肌がキレイになれるのです。

そのほかにも、アーモンドやかぼちゃ、アボカドなどもオススメです。
これらに含まれるビタミンEは女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、
老化防止や不妊症の改善などにも役立ちます。

ほかにも、納豆や豆腐、豆乳や大豆などは、大豆イソフラボンは
女性ホルモンを増やし胸を大きくする働きがあるので覚えておきましょう。

いかがでしょうか?
身近な食べ物の中に、こんなに女の子に嬉しい食材がいっぱい
だとは気づきませんでしたよね。

こうしたものを意識的に摂るようにしていけば、
不足してしまった女性ホルモンを補うことができるはずです。

そのほかにもっと詳しいことが知りたい方は
を見てみるといいですよ。





このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31